home

c0192970_8311231.jpg


週末 うちのセブンと 川西の家ieにお邪魔。

イベント時にスタッフとして 楽しい集まりとかには ちょこちょこ遊びには
行かせてもらってるけど お客として 遊びに行くのは久しぶり。

昼下がり 緩やかな暖かい 日差しの中 とても気持ちよい。

去年 家ieのmukuさんと伸さんに 家でお茶淹れてほしいな~と声を
かけてもらい すごろくカフェで 日本茶カフェをさせてもらったのが 
私のデビューでした。
屋号も考えたら?ブログも始めたら?と囃したてられ 言われるがまま実行(笑)
今につながるいい出会いと 繋がりを沢山 貰った。

ここが出発点で 私のホームグランドやーと 思いながら
家ieの空間を味わう。

また ここで お茶を淹れたいな。。。

着物と日本茶が一番しっくりくるお家で。

柚子茶を ココアも とても美味しかったです。
心も体も温まりました。
御馳走様でした!!


c0192970_8325366.jpg


c0192970_8334595.jpg
[PR]
# by temanekihitsuji | 2009-01-20 08:34 | おでかけ | Comments(0)

1.17


c0192970_1273310.jpg


1月17日。
阪神大震災から14年。

常に思うのは、
被害を目の当たりにしたわけではないが 同じ揺れを感じた者として
あの恐怖は決して薄れることはないということ。

震度5強の闇の中で家族で震えながら抱き合っていた。

ここは戦後かとおもわれるような 長田の焼け野原。

お互いを思いやり支えあう人たちの姿。


体験談を目に耳にしても 未だ 胸がつまる思いで
涙が溢れそうにになる。


決して忘れてはならない。
伝えていかなければならない。
私には 何ができるのだろうか。。。

黙祷。



トップの写真は 震災直線に 父の一眼レフカメラを持ち出し
何かに駆られるように 写真に収めに行った 神戸の街。
今 残っていない建物もあるだろう。
[PR]
# by temanekihitsuji | 2009-01-17 12:08 | 想い | Comments(0)

降りたつところ プロローグ

 「人間」について語るなど、僭越で、不遜で、我を省みない行為だと思う。けれど敢て、少し記させてもらうことをお許しいただきたい。
 ある種の方法を用い人間という生き物の観察を試みると、この世界にはいくらかの割合以上で『うつろな人間』が存在することを知る。そして『うつろな人間』には二つの特徴的なグループが認められる。
①自分が『うつろな人間』であることを知らない、若しくは知る必要のない人間。
②自分が『うつろな人間』であることに気づいている、もしくは十分過ぎるほどに知っている人間。
 ①の場合、どうということはない。表面上、何の問題も起きはしない。「知らない」のだからそれはゼロであり無である。ゼロや無はどんな計算式に放り込んだとしてもそれ以外の存在に変貌することはない。彼らは『うつろ』ではあるものの、社会やそこから紡ぎだされたシステムにシンクロし参画し、それを享受することに疑問をさしはさむことはしない。そうしている以上、ある意味が保障する範囲においての安全を手に入れることができる。

 困ったのは②のほうのグループだ。
 もちろん、僕は後者に属する。
 彼らは自分が「うつろ」であることを熟知している。「うつろ」の巣窟を自らの中に認めることもできるだろう。「うつろさ」に一度気づいてしまうとそれを拭い去ることはできない。
 ある人はこう書いている。
「わたしの中に空白の、停止した部分があって。それはゆっくりと、時にはもの凄い勢いで腐敗してゆく。そしてわたしにはそれを食い止める手段が見当たらない」
 彼らも社会やシステムにシンクロし参画し・・・・・・そうしている振りをしている。享受することはあまりない。それは彼ら自身も社会やシステムに含まれているからだろう。「うつろ」を意識することはその「綻び」を味わうことに似ているかも知れない。だが、彼らはその内側にいる。そして「うつろ」は彼らの中にある。いわば「綻び」の中枢にいるのだ。そしてその中枢は社会やシステムの中枢でもある。
 ②人間が自分の中から「うつろさ」を除去し外界へ逃げ出すことはできない。物事を観察し、判断し行動を起こすには客観的に対象を捉えることが肝要だと思う。観察者が被観察者であるこの状況でそれが可能なのかどうか、答えはおそらくNOだろう。できることといえば、討ち死にするとわかっていても挑みかかるか、あるいは「知らない振り」をし通して、永い時をやり過ごすくらいのものだろう。

うまくは立ち回れないのだ、フィリップ・マーローのようには。

だから、書くことにした。
[PR]
# by temanekihitsuji | 2009-01-15 15:09 | 裏ひつじ | Comments(0)

ザ☆昭和

c0192970_2313097.jpg


休日。
母と二人で久々のお出かけ。

芦屋川で待ち合わせして 器を見たり 雑貨屋に寄ったり。

お昼は何度か行ったことのある町の中華屋さんへ。
昼時とあり ご近所さんで満席。

何度か来たことあるが 昔から地元の方に愛されている
って感じのいいお店。
お昼はランチ 夜は色々つまみながら一杯 使いできるお店。

今日のお目当ては 揚げワンタン!
以前から ここの揚げワンは美味しいと聞いていたのだけど
一人で食べるのは多くて 断念していた。

揚げたてを しっかりした黒酢のあんで食べる。
これが うまい! ひとりで8個食べれそうだ(笑)

天津飯もいただく。これも以前隣の人が食べていて
気になってた一品。

関東風にケチャップ味の濃い色のあん。
初めての味。

後も マーボー豆腐と五目スープもたいらげ二人で 2000円!
アルコール飲まなかったら 安いですね(笑)
c0192970_8462785.jpgc0192970_23142415.jpg


c0192970_848963.jpg



新年会で 友人のマナフィーとJちゃんと うちのセブンと
行った 十三の「トリスバー」もよかったなー。
細長い所に カウンターだけのお店。
薄暗~くあやしくて マスターいい味出してるおっさんで 
つまみが結構こってて美味しかったりして まさしく昭和な店。
こういう場所でしか できない話がある 気がする。

こういうお店 ほんといいな。落ち着くな。ずっと街の中に存在し続けてほしい。
ザ☆昭和 万歳。


c0192970_8484477.jpg




お腹いっぱいで芦屋川を後にし 母が行きたがってた
西宮ガーデンズへ。

どんなお店でも揃ってる。
遠出しなくても ずらりと目の前に品物を並べられる
百貨店で催される物産展のよう。
平日でもかなりの人出。

とりあえず行きたい所だけまわる。
ありきたりのお店ばかりで楽しくはないけど
意外と 阪急百貨店内は見るとこあったな。文具売り場には
モーネ工房の商品あって嬉しかった。
紙フェチな私は 紙ものに釘つけ~

物欲は果てしなく続く。。
私はThaiパンツ風のパンツと面白い ストールを。
(クセのある服は結構売れ残ってるので、ゲテモノ好きな私は最終バーゲンの中から
破格値で掘り出し物を当てることありマス。)
母は 前から気になってたけど 似合わんわーと 決めつけていた ジャケットに出会う。
一回着てみたら?と 勧め 着てみると 結構似合ってて 即買い。
何か買いたくてムズムズしてた 母は 満足な様子(笑)

欲しかったもの 買えて 私も母も大満足で帰れてよかった。
ちょこちょこ 買ってもらいありがとうね お母さん。

最後は 買い物日記になってしまいました。。。
[PR]
# by temanekihitsuji | 2009-01-15 08:47 | おでかけ | Comments(2)

ありがとうございました。


c0192970_2224624.jpg


c0192970_22132147.jpg


c0192970_2234180.jpg


「はくとうの日」 二日目。

オープン直後から お客さまがいらっしゃって
お茶淹れつつ お喋りしつつ 写真撮りつつ
立ちっぱなしで あっという間に時間が過ぎていく。

初めての方 お会いしたことのある方 毎度の方
色々 お話しでき 楽しかった。

北摂にお住まいの方 多かったな。
地元話で盛り上がる。

c0192970_22181632.jpg


c0192970_22442889.jpg


15時ごろから 本日のスペシャルゲスト裏ひつじさんが
ポロロンとギターを奏でてくれた。

お茶とギターの空間楽しんでもらえただろうか?

裏ひつじさんは 閉店まで ギター離さず。
ジャズ ボサノバ 歌謡曲 色々聴かせてくれた。

ギターに興味津々のボーイや しみじみと聞き入って
背中に哀愁漂わせてる方などいて面白かったな。

c0192970_19323975.jpg



夫婦で初めて一緒にイベントできて 楽しませてもらいました。
二人でいろんなカフェ流ししようか?(笑)

終わってから hakusouさんたちと おつかれさまーと
言いつつ 立ち話。
(hakutouではよく見られる井戸端会議の風景(笑)
あれもこれも いいんじゃない!?とまたまた アイデアが湧いてくる。
ほっとして 名残惜しい ひととき。

来ていただいた 皆さんに 一言ずつ感想書いてもらう。
手書きの言葉 字に表情があり 嬉しい励みになる
言葉が詰まっていました。
手書きの文字はいいですね。

お礼のお葉書また 書きますね。

今回も 素敵な出会いをいただきました。
次ぎにつながってゆくパワーをいただきました。
ありがとうの気持ちでいっぱいです。

hakutou のお二人へ
誘っていただき ほんとうにありがとうござました。
楽しいこと 来ていただく方に喜んでもらえることをしていきたいですね。
これからも どうぞ よろしく。

また今回の出会いが つながっていきますように。
終わったそばから また 何かやりたくってむずむずしてきてます 私(笑)


c0192970_19252173.jpg
[PR]
# by temanekihitsuji | 2009-01-11 18:12 | てまねき羊の活動 | Comments(7)


紙のひと てまねき羊      紙でちっちゃいもの作ってます 純喫茶 洋食屋 銭湯が好き。


by temanekihitsuji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

てまねき羊への お問い合わせ
temanekihitsuji@gmail.com


てまねき羊の商品取り扱い店
西宮 ・ nico

最新のコメント

ペパロンさん いまコメ..
by temanekihitsuji at 22:07
知らぬ間にパリ旅行記が!..
by ペパロン at 20:16
>bebeさん 先日は..
by temanekihitsuji at 21:40
>ポーリー そーなんで..
by temanekihitsuji at 22:12
びっくりしましたー。fu..
by ポーリー at 07:19

お気に入りブログ

soraji 店主の日記
今日、コラージュ。
yamyam KIKAK...
常夜灯便
キトキ

以前の記事

2017年 11月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

カテゴリ

全体
てまねき羊の活動
ひつじぃ舎
てまねき羊の作品
イベント 展示
おでかけ
日々のこと
おいしいもの
音楽

ジャケガイ
純喫茶
想い
裏ひつじ
ご挨拶

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
日々の出来事

画像一覧